×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語育児

【Part1】予習と復習ってどちらが大事なの?勉強が毎日続かない人のための、無理なく勉強できる秘訣とは!?

【Part1】予習と復習ってどちらが大事なの?勉強が毎日続かない人のための、無理なく勉強できる秘訣とは!?

 

スーパー家庭教師です。

 

今日は最大限の学習効果を得る方法をお伝えします。

 

--------------------------------------------------------------------
(目次)
1 予習・復習ならどちらが大事?(Part1)
2 驚くべき30分の効果。(Part2)
3 毎日続かせる学習とは?(Part2)
----------------------------------------------------------------------

 

今日はこの3本となっております。

 

まず、「1の予習・復習ならどちらが大事?
です。

 

授業の前に「予習」をしなさい!
という声がよく聞かれますが

 

予習・復習どちらがより大事だと思いますか?

 

ん〜
まぁどちらも大事ですよね。

 

 

しかし、限られた時間の中で(効率的に)勉強しなくてはならない!
となった場合は、予習・復習の両方に多くの時間をさくことはできません。

 

 

ならば
どちらかに重点的に力を注ぐ必要があるのか考える必要が出てきますね。

 

 

 

 

 

その時は、迷わず「復習」を重点的にしましょう。

 

 

その理由は、これから学ぶことを60%理解するよりも
一度習ったことを100%理解する方が頭の中に残るからです。

 

要は、初めて見る問題に多くの時間を使うより
一度やった問題を何度も解き、しっかりと理解することでその問題を自分のものにできます。

 

 

この「自分のものにする。」

 

 

これが大事で、とても難しいものです。

 

なかなか分かったつもりになっていて
後に問題集を解いた時、忘れているということが多々あると思います。

 

問題をしっかり自分のものにしてしまえば、
その問題をもう一度出されたとしても理解できることはもちろん
少し問題を変えて出題されても十分に対応することができます。

 

 

それではこの「復習」はどれくらいの時間が必要だと思いますか?

 

それは毎日30分続ける。

 

まずは30分今日やったところを見なおすところから始めましょう。

 

 

次回は「家庭教師を体験してみよう!」です。